野田市に新しい軟式少年野球チーム「野田ブレーブス中地」が誕生しました。

チームスローガン:"Smile Baseball"

「チームに係わる方全員が野球を通じて笑顔になろう」
子供たちの夢の実現を後押しし、子供たちが卒団まで楽しく思い出作りができる場所として、そして、野球を通じてかかわる家族が幸せになれる学童野球チームを目指します。

2018年、旧態依然の価値観と指導哲学に異を唱えた複数の既存チームのコーチ陣が満を持して、「本当に子供たちの多彩な未来に繋がる第一歩」としての野球チームを新たに、千葉県野田市の南部地区に創立しました。
野球という頭脳ゲームを通じて、集団の目標に個人として応えるために自分は何を考えどう行動するのがベターなのか?や、自分の目標設定とそのゴールに到達するために何をすればよいのか?という、大人になったときに必要とされる戦略的思考、そして積極性や明るさを、野田ブレーブス中地の野球は育みます。
まずは「好き、楽しい」から。
今こそ、野球を始めましょう!

2019年3月現在のメンバー構成

5年生 みずき小:3人、山崎小:3人
4年生 みずき小:2人
3年生 みずき小:1人、山崎小:3人
2年生 みずき小:1人

メンバー募集

野田ブレーブス中地では随時、練習見学・体験参加を受け付けております。

・幼児から小学6年生まで
・男女不問
・南部地区(みずき小、山崎小、南部小)以外の小学生でもOK!
・スポーツ経験の有無不問
・野球に興味があればOK!

最新の体験会情報はブログでご確認ください。→ブレーブスのブログ

費用

入会金:5000円(夏用・冬用ユニフォーム、ストッキングのレンタル費を含みます)
月会費:1500円(兄弟割引あり)
※レンタルユニフォームは、子供たちの成長に合わせてサイズ交換していきます。

練習時間

土曜日・日曜日・祝祭日:9時~17時(夏季)、9時~16時(冬季)
※授業のある土曜日は、午後からの練習となります。
※天候や試合のスケジュールなどで、集合・終了時間が前後することがあります。

保護者の参加について

練習中の付き添いや試合時以外のお茶当番を不要とし、保護者に負担をかけない運営を心がけています。
練習試合や公式戦の場合は、参加可能な親御さんに手分けしていただきお茶当番や救護担当で参加していただいています。
学童野球は見ていても楽しい、手に汗握る瞬間がたくさん有ります!
お時間が有れば、子供たちの姿を見に来てあげてください。

ホームグラウンド

山崎小学校グラウンドをメインに、福田野球場、清水公園座生川野球場などの野球場で練習をおこなっています。

活動について

野田ブレーブスの練習風景

低学年(幼児~小学2年生くらいまで)

お兄ちゃんやお姉ちゃんが遊んでる野球に憧れ、真似をしてグローブやバットを持ち始め、他の習い事と平行して始められる貴重な時期です。
柔らかなボールやプラスチックバットを使って「野球って、どういうこと?」から丁寧に指導します。
この時期は楽しい遊びとして勝手に打って走ってくれますので、基礎体力を養いながらゲームやルールというものを覚えてくれます。

中学年(小学4年生くらいまで)

すでに友達がどこかの野球チームに所属していて、野球の噂を聞いています。
学校の体育授業でもゲーム形式の球技が多くなり、チームプレイに楽しさを発見する頃です。
親世代が昔、放課後の校庭や公園で上級生に混ぜてもらって遊んでいたのと同じように、練習試合などに参加しながらプレイを覚えていきます。
また、野球は試合中には必ず「誰も助けてくれない個の戦い(=打席)」に向かいますので、主体性も養われていく頃です。

高学年(小学4年生~6年生)

友達からの影響でこの学年から始める子供たちも多く、考えながらのプレーができるため習熟も早いのが特徴です。
実戦形式の練習でのサインプレイや「この次の動き」を見極める能力を養い、中学野球やシニアクラブへ繋がる高度な指導をおこないます。
高学年になると、対外試合も多くなります。

練習試合・公式戦

近隣のチームとの練習試合や、連盟(野田市少年野球連盟、南部地区連盟他)の公式戦を通じて野球を楽しみます。
学校の同級生が別々のチームに所属しているということも多く、学校生活においても共通の話題で楽しんでいます。

イベント

キャンプ、バーベキュー、クリスマス会など、子供も大人もノリノリのイベントがたくさん!
楽しくなければ野球チームじゃない!

楽しいイベントもたくさん!

お問い合わせ

Eメール info@noda-braves.com

ページのトップへ戻る